ソファーベッドは、日本の住宅事情にピッタリ!

コンフォートスリーパー ソファーの時

コンフォートスリーパー ソファーの時

ソファーベッドを選択する理由

日本の住宅事情を考えたときに、とくにマンションなどは「押し入れ」も無くお布団をしまうのに苦労したご経験はありませんか?

本来、日本の住宅では家具とは限られたひとつの空間をいろいろな形で使い回すといった発想がありました。

そのように考えますとソファーベッドは、日本住宅にとって理にかなった家具ではないでしょうか?

コンフォートスリーパーのように、ソファーでもなくベッドでもない「ソファーベッド」を部屋に置くだけで、

そのお部屋はリビングでもあり、寝室でもある…という発想になるわけです。

ソファーを「ベッド」にすると

同じタイプを「ベッド」にすると

今までの「ソファーベッド」の難点は寝心地でした。中途半端なソファーベッドでは、その寝心地たるものは「一時的」なら我慢できるといった
範囲で認識されていたと思われます。

狭い住宅事情であるからこそ、ソファーベッドを上手につかっていただきたいのに….そんな状況でした。

一般的なソファーベッド寝心地の悪さが敬遠されていたと思われます。

ところが、このコンフォートスリーパーの出現は、目から鱗といっても過言ではございません。

引き出し型のソファーベッドを選択肢に

一般的に「ソファーベッド」というと、多くの方が背もたれを倒すタイプと思われています。ソファーの座面の長さの範囲で、背もたれ部分を倒して座面と背もたれをフラットな形状にするタイプです。通常これを「折りたたみタイプ」と呼びます。

このタイプではなく、ソファーの座面自体を手前に引き出すタイプを選んでいただきたいです。これを引き出し型タイプと呼びます。

折りたたみ型のソファーベッドの最大の難点は、その折りたたみの「線」になります。

座面部分と背もたれ部分をフラットにすると、そのソファーの長さ分長い折りたたみ線が縦に入ってしまいます。

これが、身体の向きと同方向になり、身体の中心線が折りたたみ線と重なり、腰や背中がその線に沈み込んで寝心地を最悪なことにしているのです。

この「コンフォートスリーパー」は、 3枚の高密度のウレタンポリフォーム素材のマットレスが、ソファーの中に格納されています。取手を持ち上げて、引き出すだけで本格的なベッドに早変わりします!

本格的なマットレスがソファーの中に格納。

本格的なマットレスがソファーの中に格納。

この「高密度ウレタンポリフォーム」は、高反発マットレスですから、身体全体を支え就寝中も腰や背中への負担を軽減します。

もちろんマットレスは、ベッド状態にしたとき身体に対して横向きになっていますので、寝ているときに折り目が気になる心配はありません。身体の向きと折り目の交差するポイントは、首や膝、もちろん腰に触れないように設計されています。

ベッド時のマットレスの長さも約203cmありますから、背の高い男性でもゆったりとお休みになれます。

お部屋の大きさ、用途に合わせて選ぶことができます!

「コンフォートスリーパー」は、サイズが選べます。

リビングに置きたいと考えていらっしゃる方は、ダブルサイズやセミダブルはいかがでしょうか?

また、プライベートルームでご使用なさりたい方は、お一人用のシングルサイズやもうひと回り幅の狭いコットというサイズのご用意もあります。

お子様のお部屋やお一人用に、幅のコンパクトな「COT」

お子様のお部屋やお一人用に、幅のコンパクトな「COT」

幅はコンパクト。全長は216cm。

幅はコンパクト。全長は216cm。

このようにお部屋の大きさや用途に合わせた大きさが選ぶことのできるソファーベッドは、そうそう無いと思います。

お値段は決してお安くはありません。しかし、品質で、納得価格!

この「コンフォートスリーパー」の品質は、世界の一流ホテルでもお墨付き。

有名な世界的ホテルのスウィートルームのエクストラベッドとして採用されています。

また、最近では、ハワイアウラニ「ディズニーリゾート&スパ」ホテルのお部屋にセッティングされています。
お子さまが宿泊されても、「安心、安全な」ソファーベッドとして採用許可をいただいているのです。

ディズニー アウラニリゾート&スパ

ハワイアウラニのディスニーリゾート&スパに設置。


是非、コンフォートスリーパーショールームにお越しいただき、本物の「ソファーベッド」をご体験ください!

ショールーム詳細は、

アメリカレザージャパン 公式サイト

をご覧ください。
『American Leather Japan』公式ページ