民泊用に「コンフォートスリーパー」を活用。

限られたスペース、4名様がゆったりと宿泊可能。

最近、「民泊」という言葉をよく耳にします。

カリフォルニア サンフランシスコに本社をおく、宿泊施設・民宿を貸し出す人向けに作られたポータルサイト「airbnb」。

世界192カ国の33,000の都市で80万以上の宿を提供しているとのこと。

airbnbサイト

日本でも数多くの貸し出したい人たちがこのサイトを利用し、国内・海外の旅行者に宿泊施設を提供している。

特に都心部ではマンションを民泊用にし、利用者も増えてきているようです。

先日、ショールームにいらっしゃったお客様、民泊用に広めのワンルームマンションをご購入。

居住スペース34㎡に、4人の方が宿泊できることを可能にするためソファーベッドを検討されていました。

睡眠以外の在室時間帯は、一瞬にベッドからソファーに変身。

このソファーがベッドになるとは、だれも想像がつかないでしょう。

このように「ソファー」がゆったり寝られる「ベッド」に早変わり。

 

ホスピタリティーに優れたソファーベッド。

 

しかも、このマットレスは体圧分散に優れた高反発マットレスを標準仕様、人間工学に基づいた「睡眠」をきちんと考えたソファーベッドです。

シーツを敷いて、枕とブランケットを用意するだけでOKです。

また、洗えないマットレスだからこそきになるのが衛生面。

世界9ヵ国で特許を取得している、Crypton社製「クリプトン」(特殊繊維)を使用しているので、

汚れや細菌、臭い移りを防ぐだけではなく、汚れを簡単に取り除くことができるようになっています。

さらに、通気性、耐摩耗性、難燃性にも優れ、劣化の心配もないのです。

ご家庭ではもちろん、民泊をなさっている方にとってはメンテナンスが楽なこと、

衛生面に優れていることで、利用されるお客様に安心してご提供できますね!

写真の「コンフォートスリーパー」は、スタイル「REESE(リーゼ)」のダブルサイズ。

マットレス幅は153cm・長さは203cmと体格の大きな男性でもゆったりと足を伸ばしておやすみできます。

幅も通常のダブルベッドより広め、大人2人は十分な余裕です。

このタイプは、肘掛に丸みのある重厚なスタイルを醸し出し、ソファーの全幅は178cmと大きめです。

 

アメリカンレザー社の「コンフォートスリーパー」は、スタイルやサイズに多様性があります。

お部屋の広さや用途に合わせて選ぶことができます。

 

この多様化した「ソファーベッド」は、スペースを最大限有効活用できるアイテムとして最強の味方になるのではないでしょうか。

詳細、お問い合わせは「アメリカンレザージャパン公式サイト」を

アメリカンレザージャパン公式サイト